後遺症手続きを弁護士に依頼しよう

障害1

相手との示談交渉の際にも弁護士に相談することによってこちら側のペースで進めることができますが、弁護士に相談することにはそのほかにもメリットがあります。

それは後遺障害認定の申請の際にもさまざまなアドバイスを期待できるということです。参考...交通事故 後遺症 … 弁護士法人アディーレ法律事務所

後遺障害認定をスムーズに行うことができると、当然賠償金の請求額にも影響を与えるものとなります。

有利な仕方で後遺障害認定をもらうためにはいろいろな準備が必要で被害者が自力でやるのは不可能といえるでしょう。

準備しなければならない書類としては、主治医に適切かつ十分な後遺障害診断書を作成してもらうことなのですが、そのためにはたくさんの検査を受けないといけないことがほとんどです。弁護士に相談することによって、どんな検査を受けたらよいのか、十分な資料がそろうようにアドバイスをもらうことができますので、無駄なく自分にとって有利な情報を資料として集めることができるのです。

また、診断書作成に当たってどのような内容を含めてほしいかなど、素人にとっては見当もつかないこともありますが、弁護士に相談していればそのあたりも医師に伝えてもらうことができますので十分な内容の診断書ができあがると思ってよいでしょう。

弁護士に相談した場合の賠償額の違い